UIButtonは文字だけでなく画像を設定することができます。Storyboardで設定する方法と、コードで設定する方法を試してみました。

環境

  • Xcode 8.3.2
  • Swift 3.1

UIButtonに設定する画像をプロジェクトに追加

まず、Xcodeのプロジェクトに使用する画像を追加する必要があります。

  1. ナビゲーターエリアのAssets.xcassetsを選択
  2. エディタエリアに対象の画像ファイルをドラッグ&ドロップして、Assets.xcassetsに画像ファイルを追加

Storyboardで画像ファイルを設定する

  1. Storyboardで画像を設定したいボタンを選択
  2. ユーティリティエリアのAttibutes Inspectorを表示
  3. 「Image」のプルダウンから設定したい画像を選択

コードで画像ファイルを設定する

setImageメソッドを使用して画像ファイルを設定します。

@IBOutlet weak var startButton: UIButton!

override func viewDidLoad() {
    super.viewDidLoad()
    
    //アウトレットで画像を設定
    startButton.setImage(UIImage(named: "画像の名前"), for: .normal)
}

@IBAction func buttonPressed(_ sender: UIButton) {
	
	//アクションの引数に対して画像を設定
    sender.setImage(UIImage(named: "画像の名前"), for: .normal)
}

画像の名前は、Assets.xcassetsのAttibutes Inspectorで確認できます。