Mac上にNode.jsの開発環境を構築したときのメモ書きです。Node.jsのバージョン管理ツールであるnodebrewを使って構築しました。

環境

  • macOS Sierra 10.12.4
  • nodebrew 0.9.6
  • Node.js 7.9.0
  • homebrewインストール済み

nodebrewのインストール

ターミナルを開き、homebrewでnodebrewをインストールします。

$ brew install nodebrew

バージョンを表示してインストールできたことを確認します。

$ nodebrew -v
nodebrew 0.9.6

Usage:
    nodebrew help                         Show this message
    nodebrew install <version>            Download and install <version> (compile from source)
    nodebrew install-binary <version>     Download and install <version> (binary file)
    nodebrew uninstall <version>          Uninstall <version>
    nodebrew use <version>                Use <version>
    nodebrew list                         List installed versions
    nodebrew ls                           Alias for `list`
    nodebrew ls-remote                    List remote versions
    nodebrew ls-all                       List remote and installed versions
    nodebrew alias <key> <value>          Set alias
    nodebrew unalias <key>                Remove alias
    nodebrew clean <version> | all        Remove source file
    nodebrew selfupdate                   Update nodebrew
    nodebrew migrate-package <version>    Install global NPM packages contained in <version> to current version
    nodebrew exec <version> -- <command>  Execute <command> using specified <version>

Example:
    # install from binary
    nodebrew install-binary v0.10.22

    # use a specific version number
    nodebrew use v0.10.22

    # io.js
    nodebrew install-binary io@v1.0.0
    nodebrew use io@v1.0.0
$

Node.jsのインストール

先ほどインストールしたnodebrewでNode.jsをインストールします。

$ nodebrew install-binary latest

インストール中にWarning: Failed to create the fileと表示された場合

Fetching: https://nodejs.org/dist/v7.9.0/node-v7.9.0-darwin-x64.tar.gz
Warning: Failed to create the file 
Warning: /Users/astaire/.nodebrew/src/v7.9.0/node-v7.9.0-darwin-x64.tar.gz: No 
Warning: such file or directory
                                                                           0.0%
curl: (23) Failed writing body (0 != 941)
download failed: https://nodejs.org/dist/v7.9.0/node-v7.9.0-darwin-x64.tar.gz

.nodebrew/srcディレクトリを作成してから、再度インストールのコマンドを実行します。

$ mkdir ~/.nodebrew
$ mkdir ~/.nodebrew/src

再度インストールを実行し、「Installed successfully」と表示されることを確認します。

$ nodebrew install-binary latest
Fetching: https://nodejs.org/dist/v7.9.0/node-v7.9.0-darwin-x64.tar.gz
######################################################################## 100.0%
Installed successfully
$

インストールしたNode.jsを使用可能にする

インストールされているバージョンと使用中のバージョンを確認します。

$ nodebrew list
v7.9.0

current: none
$

currentがnoneになっているので、先ほどインストールしたバージョンを有効にします。

$ nodebrew use v7.9.0
use v7.9.0
~ $ nodebrew list
v7.9.0

current: v7.9.0
$

nodeコマンドへのPATHを通します。

$ echo 'export PATH=$PATH:/Users/astaire/.nodebrew/current/bin' >> ~/.bashrc
$ source ~/.bashrc

nodeコマンドを実行し、PATHが通っていることを確認します。

$ node -v
v7.9.0
$

稼動確認

以下のようなファイルを作ります。

index.js

var http = require('http');
http.createServer(function(req,res){
  res.writeHead(200, {'Content-Type': 'text/plain'});
  res.end('Hello World!!');
}).listen(3000);
console.log('Server running at http://localhost:3000/');

Node.jsを起動します。

$ node index.js

ブラウザで「http://localhost:3000/」にアクセスし、「Hello World!!」と表示されれば起動しています。