ファイルの拡張子に対して関連づけられているデフォルトのアプリケーションを変更する手順です。例えばtxtファイルはデフォルトではテキストエディットで開くようになっていますが、CotEditorや他のエディタの方が扱いやすいので、ファイルを開くアプリケーションを変更しておくと便利です。

環境

  • macOS Sierra 10.12.4

ファイルの情報画面を開く

Finderで開くアプリケーションを変更したいファイルを副ボタンでクリックし、「情報を見る」をクリックします。

開くアプリケーションを変更

「このアプリケーションで開く」のセクションを開き、プルダウンからその拡張子のファイルを開くアプリケーションを選択します。対象のアプリケーションが表示されていない場合は、その他を選択するとアプリケーション選択画面が開くので、その中からアプリケーションを選択します。

同じ拡張子のファイル全てに適用

同じ拡張子のファイル全てに変更を適用したい場合は、「すべてを変更」のボタンをクリックします。確認のダイアログが表示されるので、「続ける」ボタンをクリックするとダイアログが閉じます。

ファイルの情報画面を閉じる

ファイルの情報画面を閉じます。