ターミナルでSwiftのバージョンを確認する方法です。ネットなどで参考にしたコードが動かないときは、Swiftのバージョン違いが多いと思います。

コマンドと実行結果

swiftコマンドに-versionオプションをつけて実行するとバージョン表示されます。

$ swift -version
Apple Swift version 3.1 (swiftlang-802.0.53 clang-802.0.42)
Target: x86_64-apple-macosx10.9
$

-vオプションをつけた場合は、バージョンの表示とともにSwiftのCLIが立ち上がります。

$ swift -v
Apple Swift version 3.1 (swiftlang-802.0.53 clang-802.0.42)
Target: x86_64-apple-macosx10.9
/Applications/Xcode.app/Contents/Developer/usr/bin/lldb "--repl=-enable-objc-interop -sdk /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/MacOSX.platform/Developer/SDKs/MacOSX10.12.sdk -color-diagnostics"
Welcome to Apple Swift version 3.1 (swiftlang-802.0.53 clang-802.0.42). Type :help for assistance.
  1> 

CLIは「:exit」で抜けることができます。

1> :exit
$